グッジョブ!一覧

【朗報?!】豪州の大学の研究結果。うつ病改善には犬を飼うと良いらしい・・でもそれにも問題が?!

オーストラリアのシドニー大学による研究では、 ペットの犬といると、年齢に関係なく 飼い主の孤独感を軽減することがわかりました。 調査によれば、ペットの責任者は、 歩道のために近所の通りで より多くの時間を過ごすため、 隣人とより多くの友人を作ることになります。

20歳代に付き合ってたのが浮気も平気でする俺をペットか奴隷のように扱う年上の女・・長い付き合いの後にとうとう「大事な話がある」・・・結果

20歳頃付き合ってた 5歳年上の女がすごい生意気だった。 最初は俺が惚れて1年ぐらいかけて やっと付き合えたのだが、 俺が下手に出すぎたのか俺はペット状態。 口ぐせは「○○(俺)のくせに生意気」 こんな女でも好きだったので 2年ほど付き合ってたが、 彼女の傲慢さは増す一方。 何回か喧嘩したけど改善されず。 自分は俺に内緒で コンパとか行きまくってるくせに、 俺が妹から電話かかってきただけでも ブチ切れ。

自分の指定席にずうずうしく座るサラリーマンを発見。 そこで発射直前まで待って乗車、私「あの…」リーマンはビールをちょうど開けたところ『あっ』 → 結果…

夕方6時前後の特急は 結構通勤で使う奴が多い。 金曜日ともなれば自由席も指定席も ほぼ満席ということも多い。 したがって、通勤で使ってるのか 出張帰りかわからんが、 取ってもいない指定席に座る ずうずうしい奴が現れるわけだ。 こないだ、出張帰りに 自分が座るはずの指定席に、 ご着席の30台のサラリーマンを

シングルマザーの母が男を連れこむたびに家を追い出されていた。小学3年生の冬、追い出されて公園にいた時、その人は現れた・・・

私はいわゆる放置子だった。 お父さんは気が付いたらいなくなってて、 お母さんとふたりで暮らしていた。 お母さんはだいたいいつもお酒臭くて、 ときどき男の人を連れて帰ってきた。 男の人が来ているときは、 雨でも夜中でも外に出されてつらいけど、 その後は、しばらくお母さんの機嫌が 良くなるから助かってた。 小学三年生の冬、お母さんに彼氏ができた。 今までの男の人と違って、 家に何回も出入りして、いる時間も長かった。 外に出される時間が多くなって、 とても困った。 子供がいていい場所って案外ないんだよ。 特に夜中だと、すぐに大人に声をかけられて 「おうちは?おとなの人は一緒じゃないの?」 って聞かれる。 最悪保護されて家に連絡される。 そうするとお母さんが とっても怒って三日くらい怖い。 結局、公園のすべりだいの中が 夜中の居場所になった。 風がよけれて、人目につかなくて